ATCオフィスガイド

EXPO2025大阪・関西万博の夢洲にいちばん近いオフィススペースをご提案
YouTube
Twitter
ENGLISH
お問い合わせはこちら06-6615-5002
お問い合わせはこちら06-6615-5002
PAGETOP

余白時間を楽しむオフィスビルATC

いつもの職場に海がある ー 大阪湾の大海原を臨むビル「ATC」は時間ごとに色合いが変わる、海と空に彩られた大阪市内の賃貸オフィスビルです。
水平線とともに、穏やかな余白の時間が、毎日エネルギッシュに働くワーカーたちのココロとカラダをほぐし、自然を感じる職場が、工夫とアイデアをもたらしてくれます。
ATCビルに惹かれるのは、日々このような体験が出来るから。

Location

ビスネス拠点の「正解」は常に変化する

2018年11月に2025大阪・関西万博の誘致が実現しまし、その追い風を受け、大阪IR(カジノを含む統合型リゾート施設)の構想も2020年代後半の開業に向け官民一体となり、その輪郭が徐々に明らかになってきています。
それら国家プロジェクトの舞台となる人工島「夢洲(ゆめしま)」に、車でおよそ5分という突出したロケーションに位置するのがATCビル。
ここでは、オフィス、レストランやステーショナリーを含む小売店、大小の会議室が常設されております。今日本で最も注目を集めているエリアで、世界にインパクトを与える事業を展開できるチャンスです。

大阪ベイエリアは多くが1980年代に造成が進められた人工島であるが故に、変化や潮流を積極的に受け入れ、今まさに歴史を紡いでいる街です。さらに猛烈なスピードで進むビジネス環境、社会情勢の変化に対応するため大阪市は先端技術を活用して地域の課題に対応する『スーパーシティ』の指定を国から受け、メインプレイヤーとなる事業者が開発や実証実験を円滑に取り組むことができる環境を整備するため規制緩和を推進するエリアとなっています。

ATCビルがある人工島「咲洲(さきしま)」は、現在建設ラッシュ。2025大阪・関西万博や大阪IRを見据え、さまざまな企業が近隣のコスモスクエア開発地区に熱視線を送っています。その中で街づくりの中核的なポジションにある施設がATC。拠点を移した新規企業にとってATCビル内外の交流ができるインフラとしての役割を担っています。


ATC周辺には、大阪府咲洲庁舎、国際見本市会場(インテックス大阪)、ハイアット リージェンシー 大阪、ホテルフクラシア大阪ベイ、クインテッサホテル大阪ベイ、大阪入国管理局が近接。あらゆるビジネスシーンにおいて、展示会場から、多目的ホール、会議室、ゲストをお迎えできる宴会場、宿泊施設までが一つのエリアにコンパクトに集合しておりATCは好条件のロケーションです。

大阪ベイエリアMICEmore

国際見本市会場(インテックス大阪)

大阪府咲洲庁舎

ハイアット リージェンシー 大阪

Office design

事業スタイルに合わせて、
理想のオフィス・ショールームに

ショールームとしての機能をコンセプトに設計されたATCの賃貸オフィスは、商品の展示やライブオフィス形式に寄与するように、多くの壁面がガラス張りとなっています。
ATCに来なければ出会えない「体験」を生み出す新空間オフィスを創造できます。
またそれぞれの区画はどれひとつとって同一のサイズやカタチがないのも特徴。
まさにオフィスのあるべき姿が多様性を増す現代において、事業内容や従業員が求めるパーパスから逆算して構築できるオフィスビルです。

窓があるスペースは大阪湾を一望する「ウミガワ」と大阪府庁舎やインテックス大阪のある「マチガワ」に区別されます。「ウミ・マチ」スペースからの景色がATCビルで働く人のモチベーションを高め、健康で快適なワークプレイスに仕上げることができます。

オフィスはそれぞれの企業にとって働き方が最適化された場所だけではなく、企業と人との帰属意識を醸成する場でもあります。ATCの「アトリウム」スペースは企業が理念を体現し、ワーカーとともに成長できる空間を柔軟に創り上げることが可能です。

Logistics

「オフィス×物流」でビジネスを加速させる。
オフィスとリンクした荷捌場と倉庫により
業務効率が大幅に向上。

ショールームとしての機能をコンセプトに設計されたATCの賃貸オフィスは、商品の展示やライブオフィス形式に寄与するように、多くの壁面がガラス張りとなっています。
ATCに来なければ出会えない「体験」を生み出す新空間オフィスを創造できます。
またそれぞれの区画はどれひとつとって同一のサイズやカタチがないのも特徴。
まさにオフィスのあるべき姿が多様性を増す現代において、事業内容や従業員が求めるパーパスから逆算して構築できるオフィスビルです。

各納品業者からの荷物を一括管理。商品は当館スタッフがテナントごとに配達し、希望の時間に合わせて受取にも参ります。

ワーカーフレンドリーな職場を実現する、普段使用しない商品や資材は別の場所に保管したい、そのような要望に応えるさまざまなサイズの倉庫をご用意しております。

Property
Management

当たり前に業務に集中できる
オフィス環境を提供する使命

ATCは飲食店などの商業テナント、ATCホールを代表とする展示・イベント施設への来場者、150社を超えるオフィス入居者が集う複合ビルのパイオニアです。業務内容も目的も年齢層も全く異なる来館者に対して、そのニーズにあったマネジメントを実施しております。特にオフィス入居者においては、心身共に安全に、健康的な職場環境を提供するため、設備、警備、清掃といった日常保守業務だけでなく、急なトラブルに対応するスタッフが常時スタンバイし、文字通りビルを24時間態勢で見守っています。

ITM棟12階にあるATC管理事務所において、月極駐車場や各種お問合せを受け付けております。

トラブル対応だけでなく、問題を未然に防ぐメンテナンス、警備のプロが24時間常駐しています。

企業関わり
エンパワーする

好奇心という共通言語を持った人や企業にとって、ATCビルはまるで図書館のような地域のコミュニティインフラです。民間企業が運営するビルでありながら、多様な公共施設が展開されており、事業内容や規模に関わらず、入居者だけでなく様々な人、企業が誰でもそれらの施設にアクセスできます。わたしたちは相互理解や連帯感の基礎となる「関わり」をエンパワーする壮大な実証実験場であるATCで、ひとり、または1社では解決し得なかった社会課題に共に取り組みましょう!

ATC Support&
Collaboration system

ご入居までのフロー

ACCESS

電車でのアクセス

  • 梅田まで25分
  • 西宮まで40分
  • 新大阪まで45分
  • 境まで35分

VOICE
ATCビルの
活用事例

ATCビルの活用事例

大阪に本社がある会社も、大阪に拠点がない会社も、これからの本社移転、支店・営業所の設置、サテライトオフィス、BCP(事業継続計画)を検討するなら大阪ベイエリア「咲洲(さきしま)」に位置するATCビルを選択肢に入れるのは絶好のタイミングかもしれません。この街は未来に向けてエキサイティングなことが進行中です。